東京稚内会について

東京稚内会概要

1.目的

東京稚内会は、東京およびその近郊に在住している稚内出身者を中心に、一時的にでも稚内に在籍・在住のあった人たちが、お互いの親睦と交流を図り、故郷稚内を想う会です。併せて、稚内の発展に協力することを目的にしています。

2.活動

(1)親睦会(総会)

1952年以来年に一度東京稚内会の親睦会(総会)が行われています。市長をはじめ市議会議長や地元産業界の方々をお招きし、120~150名の会員が久しぶりの再会を喜び、美味しい料理を楽しみながら、歓談にひとときを過ごしています。

また、市長からは稚内の近況を報告していただき、稚内から来てくださった方々を囲んで、故郷稚内に思いを馳せるひとときでもあります。会の最後に、稚内の特産品を中心とした抽選会で、出席者全員に故郷の味をお裾分けしています。

(2)二次会

久しぶりの再会ですから、親睦会だけでは名残つきません。大勢の人たちが二次会に加わって、故郷の思い出に花を咲かせて交わりの輪が広がっています。

3.会員

本会の会員は、東京およびその近郊に在住している稚内出身者を中心に、一時的にでも稚内に在籍・在住であった人であれば、どなたでも会員になれます。現在、登録会員数は約1,500名。

4.組織

本会の運営は常設の役員会が企画・推進し、年に一回の親睦会をもって本会の総会としています。

【現体制】【会長】小坂輝雄【副会長】加藤誠一、濱森憲一、東出甫【常任幹事】作村章、小坂喜八郎、坂巻貴、絹川忠雄、葛西邦治、根生道明

5.会費・運営費

会費はありません。運営経費は懇親会の参加費と寄付金などで賄っています。

6.沿革

・1952年(昭和27年)頃、稚内出身有志の集いが、東京稚内会の始まり。(初代の西岡市長時代、北洋漁業が再会した年)

・1959年(昭和34年)頃から、東京稚内会の組織も定まって、市長上京の度に会合を持つなど活動が活発。(浜森市長時代、北洋漁業の最盛期、大学進学のために多くの学生が上京)

・1982年(昭和52年)東京稚内会の会則を制定。顧問:浜森市長、会長:河合三郎。(昭和53年市制30年、開港30年、開基百年記念塔)

・1997年(平成9年)会長:本橋浩一

・2007年(平成19年)会長:鈴木啓三

・2008年(平成20年)稚内の子供たちにアニメカレンダーを送り続けてくださった本橋前会長に、稚内市より感謝の記念品贈呈。市制60年に当たり、稚内市から本会に記念品贈呈。市制60年記念行事に、鈴木会長と会員56名が故郷稚内を訪問。

・2009年(平成21年)東京稚内会の会則を改正。顧問:横田市長、会長:小坂輝雄、相談役:鈴木啓三、櫻田嘉一郎、谷口丞

・2011年(平成23年)稚内市長交代に伴い、顧問に工藤市長。第2回ふるさと訪問を実施。小坂会長はじめ54名が稚内を訪問。

・2014年(平成26年)故郷稚内の子供達が夢と希望を持ち、逞しく成長してほしいーとの願いを込めて企画した「ふるさと・子ども夢プロジェクト」第1回(講師鈴木啓三さん)を稚内市の各学校で開催。以後毎年実施(2017年は都合により中止)。

・2014年(平成26年)稚内市内の高校(稚内大谷、稚内商工、稚内)3校の卒業生による第1回合同同窓会実施。以降毎年実施。

・2016年(平成28年)代々木公園で行われる「北海道産直フェア」に稚内市と共同で初めて出店。以降毎年出店。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする